SNSで「いいね」を沢山もらうための方法

工夫した投稿を重ねよう

適当な投稿は見てもらえない

SNSで興味を持った投稿には、みんな積極的に反応します。 反応が欲しかったら、他の人の興味を惹く投稿を繰り返してください。 写真やイラストがあれば目立つので、みんなが見てくれる確率が高まります。 頑張って自分で撮影したり、イラストを描いたりしましょう。

長い文章は好まれない

文章が長すぎると、読んでもらえません。 興味を持ってもらうためには、短い文章で書くことを意識してください。 勢いで記事を書いても、すぐに投稿しないで読み返すといいですね。 連続して投稿することも避けてください。 タイムラインを、自分の投稿で埋めないよう気をつけましょう。

ユーザーが興味を持つ投稿

何でも、気軽にSNSに投稿できます。
ですが適当に書いた内容は中身がないので、誰も興味を持ってくれません。
反応もされないでしょう。
他の人からきちんと反応されたかったら、興味を持ってもらえる投稿をしてください。
写真やイラストがあれば、他の人の目を惹きます。
文章だけでもSNSに投稿できますが、魅力が少ないので見てもらえないかもしれません。
なるべく、写真やイラストも一緒に投稿しましょう。

文章を書く際は、短くまとめることも意識してください。
他の人に伝えたいことがあると、長文になってしまう人が見られます。
しかし長い文章はそれだけで、読む気がなくなると覚えておきましょう。
短い文章でわかりやすく書かれた内容なら、多くの人が反応してくれると思います。
これまで反応が薄かった人は、文章が長かったことが原因かもしれません。
SNSに記事を投稿する前に、長すぎないかチェックしましょう。
長いと感じたら、少し削ってください。

みんなが見ている時間に、投稿しましょう。
平日は会社や学校に行っている人が多いので、みんながSNSを利用する時間が限られます。
朝や夕方がおすすめの時間帯なので、その時間に投稿しましょう。
休日は、SNSを利用する人が増えます。
大事なことがあれば、休日に投稿することで反応が増えるでしょう。
それでも深夜や早朝に投稿することは控えてください。
誰も見ていない時間帯なので、投稿しても無駄になってしまいます。

投稿を無駄にしないために

誰も見ていない時間に投稿しても、無駄になります。 他の人がSNSを見ている時間を狙って、投稿してください。 それがSNSで反応を増やすポイントです。 休日は使用する人が増えるので、反応をもらうチャンスです。 特に、みんなに伝えたいことがあったら休日に投稿しましょう。